山口大学エンジンシステム工学研究室 では,内燃機関などのエンジンシステムに関する教育・研究を行ないます.研究スタッフは,三 上真人教授,瀬尾健彦准教授です.博士後期課程生,前期課程生,学部生を合わせると,総 勢20名程度が研究室で活動しています.
 研究としては主に,航空用・自動車用エンジンの燃焼改善,エンジン騒音解析 ,エンジン筒内模擬条件での燃焼基礎研究,微小重力場を利用した噴霧燃焼の基礎実験,レーザー着火研究,ガスタービン 燃料噴霧のレーザ計測などを行なっています.最近では,ISS「きぼう」での微小重力環境を利用した宇宙実験を行ったり,携帯用エネル ギー源としての超小型燃焼器(マイクロコンバスター)の研究を行ったりと,研究対象も幅広くなってきています.企業や他の研究機関との共 同研究も行っています.



【学部生】
 各自が1テーマ卒業研究を行います(研究室内に個人の机が与えられます).4年生で行う卒業研究のテーマの多くが企業との共同研究を始 めとするプロジェクト研究です.1年間の卒業研究を通して,自ら課題解決のための設定を行い,計画的にプロジェクトを遂行する能力を身に 付けます.エンジンシステム工学研究室では,学部と博士前期課程の3年一貫教育の観点から,大学院への進学を推奨しています.
【博 士前期生】
 
卒業研究を通して身につけた力に加え,大学院における特論科目により得た 知識を加え,より視野の広い研究活動を行います.研究成果は全国規模の会議で発表しま す.エンジンシステム工学研究室では,博士前期時点での国際会議発表を奨励していま す.国際会議で発表を行うまでの過程での英語論文作成・英語発表練習を通して英語力は格段に伸びます.また,国 際会議への参加経験により視野が広がります.学部講義・演習補助を行うティーチングアシスタント(TA)とし ての雇用も行っています.
【博 士後期生】
 
研究を自ら専門的に展開し,博士号の取得を目指します.研究成果は国内会 議,国際会議で発表するだけでなく,国内外の審査付の研究論文集で発表を行います.博 士後期課程への進学は通常博士前期2年生修了後に行いますが,博士前期課程を1年または1年半で修了し,後期課程へ進学することも可能に なっています.期間短縮修了進学者への経済支援制度もあります.
 博士後期進学者を対象とした工 学部独自の奨学金による生活費サポート制度もあります.また,リサーチアシスタント(RA),ティーチングアシスタント(TA) としての雇用も行っています.


国際会議参加レポート


年間行事
3 月末 新 4年生,配属決定







4 月 前 期授業開始
卒 業論文題目決定
新 歓コンパ
5 月 就 職内定第1号!
博 士前期生ミーティング開始
 4 年生ミーティング開始
7 月 前 期末試験 
8 月 大 学院入学試験
4 年生中間報告会(研究室)
内 燃・エンジンシステムOB・OG会
(2年毎.奇数年)
夏 休み
9 月 日 本機械学会西日本エンジンシステム研究会
10 月 後 期授業開始
11 月 常 盤祭
12 月 4 年生中間報告会(研究室)
忘 年会
冬 休み
1 月 大 学院入試第2次募集
後 期末試験
2 月 修 士論文提出
修 士論文発表会(機械工学系専攻)
卒 業論文提出
卒 業論文発表会(機械工学科)
打 ち上げ・追いコン(研究室)
3 月 日 本機械学会中四国卒業研究発表会
博 士前期1年生中間報告会
(航空宇宙エネルギー系合同)
卒 業式